MENU

活性酸素との関係

年齢とともに活性酸素が体内に蓄積してしまうと言われています。
活性酸素が体内に溜まってしまうと、血管障害を引き起こしたり老化や
がんなどの疾患を発症させてしまうことがあるため、活性酸素を侮ってはいけません。

 

活性酸素自体は食べ物によるカロリーを抑えることに
よって発生量が少なくなると言われています。
また、DHAの研究が進められていく中で活性酸素を抑制して
老化の予防などに役立つということが分かってきていることを知っているでしょうか。

 

活性酸素と深い結びつきを持っているDHA。
多くは、サバやシャケ、イワシ、マグロ(特にトロの部分)やアジ、サンマ、ブリに含まれています。
ただ、一日にある程度DHAを摂取しないと活性酸素を抑制することが
できないとも言われていますし、活性酸素の抑制に効果があるからといって
DHAだけをたくさん摂るのは逆効果となってしまうことがあるとも言われています。

 

つまり、一日に必要である適正量を守るとうことが
健康に一役買ってくれるDHAの摂り方であると言えるのです。
一日にイワシなら2匹食べれば十分なDHAを体内に摂り込むことができますので、
食品からできるだけ多くのDHAを取り入れるようにしましょう。

関連ページ

DHAの果たす役割とは?
DHAEPAが体内で果たす役割について詳しくまとめています。
DHAが必要な理由とは?
厚生労働省がDHA摂取を推奨する理由についてご説明します。
体内に存在するDHAについて
体内に存在しているDHAについて説明しています。
体内に存在するDHAは加齢と共に減少する?
体内に存在するDHAは加齢と共に減少するメカニズムについて説明しています。
DHAとEPAの違いとは?
不飽和脂肪酸であるDHAとEPAの違いについて詳しく説明しています。
DHAが体内に不足するとどうなるの
DHAが体内に不足するとどうなるかについて詳しくご説明しています。
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきか?
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきかについてまとめています。
効果的なDHAサプリの摂取方法とは
効果的なDHAサプリの摂取方法についてくわしく説明しています。
DHAを多く含む食品とは?
DHAEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含む食品についてご説明しています。
どんな魚からDHAが摂取できるか?
どんな魚からDHAが摂取できるか詳しくまとめています。