MENU

DHAを多く含む食品とは?

人間の体内で生成することができないDHAは、食品から摂取するほかありません。
その食品というのは、特に魚が中心となっています。

 

お肉よりもお魚と言われているのはそのためなのですが、
魚の中でもマグロやイワシ、サバなどに多く含まれていて
青魚の方がDHAの含有量が多い傾向にあります。
ただ、マグロの場合は赤みではなくトロの方がDHAをたくさん含んでいます。
が、中トロも赤みに比べるとこってりしていますので、
あまり好きではないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ただ、青魚も普通の魚に比べると独特な味がしますし
青っぽい感じがするため苦手という方もいます。
イワシなら1?2尾で一日に必要なDHAを摂取できると言われていますが、
毎日イワシばかり食べるわけにはいかないですよね。

 

そこで食品からDHAを摂取するのであれば缶詰がおススメです。
イワシやサバの缶詰なら料理に使いやすいですし、
そのまま食べるということもできますので比較的楽に取り入れられるのではないでしょうか。
原材料が青魚を使っていますので、生のものを買ってきて調理をして
食べるよりも臭みもないですので魚があまり得意ではないという方にもおススメです。

関連ページ

DHAの果たす役割とは?
DHAEPAが体内で果たす役割について詳しくまとめています。
DHAが必要な理由とは?
厚生労働省がDHA摂取を推奨する理由についてご説明します。
体内に存在するDHAについて
体内に存在しているDHAについて説明しています。
体内に存在するDHAは加齢と共に減少する?
体内に存在するDHAは加齢と共に減少するメカニズムについて説明しています。
DHAとEPAの違いとは?
不飽和脂肪酸であるDHAとEPAの違いについて詳しく説明しています。
DHAが体内に不足するとどうなるの
DHAが体内に不足するとどうなるかについて詳しくご説明しています。
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきか?
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきかについてまとめています。
効果的なDHAサプリの摂取方法とは
効果的なDHAサプリの摂取方法についてくわしく説明しています。
どんな魚からDHAが摂取できるか?
どんな魚からDHAが摂取できるか詳しくまとめています。
活性酸素とDHAの関連性について
活性酸素とDHAの関連性についてまとめています。