MENU

どんな魚からDHAEPAを摂取できるか?

DHA自体は魚に多く含まれていることはすでに知っているという方も多いと思います。
魚をたくさん食べようと言われているのも、健康のためなのですが、
どんな魚からDHAは摂取することができるのか知っているでしょうか。

 

ご存知のようにDHA=魚であるように、お肉類や野菜には
ほとんど含まれていない成分の一つとなっています。
では、本題に戻りどんな魚に多くDHAが含まれているのかというと、
断トツで多いのがさんまとぶりです。

 

さんまとぶりには同じくらいのDHAの量が含まれています。
次いでいわし、カツオ(春が旬のもの)、サバ、アジ、サケ、カレイ、鯛となっています。
特にこれらの魚が旬を迎える時期は普段以上にたくさんのDHAを含んでいます。
旬のものを旬の時に食べるのは栄養価も高いですが、
旬の時期というのは限られているためその他の時期でも
積極的にこれらの魚を食卓にのせていくことが大切です。た

 

だし、これらの魚が苦手だったりあまり好きではない
という方も実際にはたくさんいるのではないでしょうか。
無理やりにでも食べられるような食材ではないため、
魚から摂取するのが難しい場合はサプリメントもあります。
ですが、缶詰などをまずは上手に利用してDHAを取り入れていくように工夫をしてみましょう。

関連ページ

DHAの果たす役割とは?
DHAEPAが体内で果たす役割について詳しくまとめています。
DHAが必要な理由とは?
厚生労働省がDHA摂取を推奨する理由についてご説明します。
体内に存在するDHAについて
体内に存在しているDHAについて説明しています。
体内に存在するDHAは加齢と共に減少する?
体内に存在するDHAは加齢と共に減少するメカニズムについて説明しています。
DHAとEPAの違いとは?
不飽和脂肪酸であるDHAとEPAの違いについて詳しく説明しています。
DHAが体内に不足するとどうなるの
DHAが体内に不足するとどうなるかについて詳しくご説明しています。
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきか?
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきかについてまとめています。
効果的なDHAサプリの摂取方法とは
効果的なDHAサプリの摂取方法についてくわしく説明しています。
DHAを多く含む食品とは?
DHAEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含む食品についてご説明しています。
活性酸素とDHAの関連性について
活性酸素とDHAの関連性についてまとめています。