MENU

DHAの果たす役割とは

体内で生成することができない不飽和脂肪酸の一つ、それがDHAです。
食品からのみ摂取することができるのです。
脳や神経の組織を発達させたりするため、またその機能を維持していくために必要不可欠な
成分となっていて人間の体の中ではDHAは特に脳細胞に多く存在しているとされています。

 

脳細胞の中のDHAが不足してしまうと、人間の体はどうなってしまうと思いますか?
脳には様々な神経が通っているのは言うまでもありませんが、
DHAが不足することでその機能が低下して情報伝達がスムーズに行われなくなってしまいます。
乳幼児の場合、脳や神経の発達が悪くなったりすることもあると言われていますし、
歳をおいてからDHAが少なくなると学習能力や視力の低下を招くと考えられています。

 

また、DHAは、エイコサペンタエン酸と同じで血液の粘度を下げてくれる役割を担っています。
ですので、血液中の中性脂肪屋悪玉コレステロールを減らしてくれるので
血栓ができるのを防ぐ役割も同時に持っているのです。
動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、高血圧など今日本でも増えてきている
疾患に対して予防したり抑制してくれる役割があるので、以前から注目されているのです。

関連ページ

DHAが必要な理由とは?
厚生労働省がDHA摂取を推奨する理由についてご説明します。
体内に存在するDHAについて
体内に存在しているDHAについて説明しています。
体内に存在するDHAは加齢と共に減少する?
体内に存在するDHAは加齢と共に減少するメカニズムについて説明しています。
DHAとEPAの違いとは?
不飽和脂肪酸であるDHAとEPAの違いについて詳しく説明しています。
DHAが体内に不足するとどうなるの
DHAが体内に不足するとどうなるかについて詳しくご説明しています。
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきか?
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきかについてまとめています。
効果的なDHAサプリの摂取方法とは
効果的なDHAサプリの摂取方法についてくわしく説明しています。
DHAを多く含む食品とは?
DHAEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含む食品についてご説明しています。
どんな魚からDHAが摂取できるか?
どんな魚からDHAが摂取できるか詳しくまとめています。
活性酸素とDHAの関連性について
活性酸素とDHAの関連性についてまとめています。