MENU

体内に不足するとどうなるのか?

人間の体内では生成できないDHAは、食品からどんどん摂取していきたいところ。
もちろん、どんな成分でも摂り過ぎは良くありませんが、
DHAが不足してしまうと人間の体はどうなってしまうのでしょうか?

 

人間の体内の脳細胞に、DHAは一番多く存在しています。
もしもDHAが不足してしまったら、脳の機能や細胞の働きが衰えてしまいます。
ということは、脳の活性化が失われてしまいますので
ボケてしまったり記憶力の低下、脳の伝達情報に支障をきてしてしまうため、
様々な疾患を患ってしまう危険が高くなると考えられているのです。

 

特に脳疾患や心疾患の予防に一役買ってくれるのがDHAなので、
不足すればそれらの疾患にかかってしまう可能性も
おのずと高くなるといっても過言ではないかもしれません。
視力の低下などを招くこともあるようですから、DHAは人間がいつまでも
健康で元気に過ごしていくためには欠かせない成分であるとういことがお分かりいただけたでしょうか。

 

しかしながら、DHAのみならず様々な成分が人間の体を作っていますので、
DHAを含めバランスの良い食事を摂るということが一番大切です。
何が抜けていても飛びぬけていても良くないのは言うまでもないですね。

関連ページ

DHAの果たす役割とは?
DHAEPAが体内で果たす役割について詳しくまとめています。
DHAが必要な理由とは?
厚生労働省がDHA摂取を推奨する理由についてご説明します。
体内に存在するDHAについて
体内に存在しているDHAについて説明しています。
体内に存在するDHAは加齢と共に減少する?
体内に存在するDHAは加齢と共に減少するメカニズムについて説明しています。
DHAとEPAの違いとは?
不飽和脂肪酸であるDHAとEPAの違いについて詳しく説明しています。
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきか?
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきかについてまとめています。
効果的なDHAサプリの摂取方法とは
効果的なDHAサプリの摂取方法についてくわしく説明しています。
DHAを多く含む食品とは?
DHAEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含む食品についてご説明しています。
どんな魚からDHAが摂取できるか?
どんな魚からDHAが摂取できるか詳しくまとめています。
活性酸素とDHAの関連性について
活性酸素とDHAの関連性についてまとめています。