MENU

DHAとEPAの違いとは?

DHAとEPAの違いをご存知でしょうか。
同じようなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、もちろん違いは明らか。
DHAは脳への働きを得意としていますし、
EPAは血小板に深く関係をしている成分となっています。

 

DHAは、脳の神経を活性化させることができるので記憶力の向上につなげることが
できるのですが、EPAは脳の伝達の入り口となる部分を通ることができないと
言われているため、脳への働きが収集なのがDHAというわけです。

 

逆にEPAは、血小板凝集抑制効果がとても高いと言われています。
よって、心筋梗塞や虚血性心疾患などの予防につながると考えられているのです。
もちろん、この働きはDHAも備わっているのですが、
EPAに比べると弱いというのが現状です。
また、DHAは認知症の改善にも効果があるとされていますが、
EPAについては認知症の改善に一役買ってくれるかどうかは分かっていません。

 

抗アレルギー効果が高いのはDHAよりもEPAと言われています。
このように、同じような働きをしているという印象の強いもの同士ではありますが、
実際には効果があるであろうことが異なってきますので、
目的に合わせて選んでいくことが大切です。

関連ページ

DHAの果たす役割とは?
DHAEPAが体内で果たす役割について詳しくまとめています。
DHAが必要な理由とは?
厚生労働省がDHA摂取を推奨する理由についてご説明します。
体内に存在するDHAについて
体内に存在しているDHAについて説明しています。
体内に存在するDHAは加齢と共に減少する?
体内に存在するDHAは加齢と共に減少するメカニズムについて説明しています。
DHAが体内に不足するとどうなるの
DHAが体内に不足するとどうなるかについて詳しくご説明しています。
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきか?
DHAは1日あたりどのくらい摂取すべきかについてまとめています。
効果的なDHAサプリの摂取方法とは
効果的なDHAサプリの摂取方法についてくわしく説明しています。
DHAを多く含む食品とは?
DHAEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含む食品についてご説明しています。
どんな魚からDHAが摂取できるか?
どんな魚からDHAが摂取できるか詳しくまとめています。
活性酸素とDHAの関連性について
活性酸素とDHAの関連性についてまとめています。