MENU

オメガ3脂肪酸がもたらすとしていらっしゃる減量成果に対して、そのしくみやシステムを解説していきましょう。

 

オメガ3脂肪酸、その減量効果はいかに?

 

博士 絵

 

はじめに申しあげておきますといった、ここでいう減量成果とは、飽くまで適度な実践や適切なご飯によって肥満の抑制・解約の便宜になるという意味です。

 

実践をせず暴食を繰り返しながらオメガ3脂肪酸を摂取したとしても、減量成果がスタートわたる願望はほぼ持てません。そのことに先ず留意が必要です。

 

さほど、オメガ3脂肪酸という名ゆえに、脂肪=減量の仇と思われて仕舞う方も少なくないことでしょう。それは思い違いです。

 

脂肪には大きく分けると、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。減量で避けるべきは、血管内壁に付着するなどボディへの害が大きいとわたる飽和脂肪酸の手法です。

 

逆に、オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸のひとつであり、人間の身体に必要不可欠なマテリアルで、しかもカラダでは僅かしか生まれないはなのです。この点はしっかりと理解しておいて下さい。

 

減量成果のしくみ

 

では、オメガ3脂肪酸が減量成果をもたらすしくみに関してご説明していきましょう。

 

オメガ3脂肪酸に含まれるDHAやEPAといったマテリアルには、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させ、血をサラサラにする効果があります。本当はこの役割こそが、減量の成果を高めてくれるのです。

 

血をサラサラにするは、すなわち全身の血行をよくする行い。そうして血行がよくなるは、代謝が上がり、体内の脂肪を苦労として燃焼させようとする役割が進展わたるということにつながっていきます。

 

肥満の手法は、体の公や、お腹、臀部などはひんやりとしていらっしゃることが多いのです。

 

淑女絵

 

その理由はもちろん、血行が酷いためなのです。つまり、オメガ3脂肪酸は血流を改善することで代謝をアップさせることで、減量成果を高めるという働きがあります。

 

そして血中の中性脂肪やコレステロール本人も減少させてくれる成果もあるのです。真に一石二鳥といったところです。

 

脂肪という名で誤解してしまいがちですがじつはあべこべで、オメガ3脂肪酸は減量成果に大きな効果を発揮します。

 

ただし、だからといって暴食を通じてよいという意味ではありません。適度な実践と適切なご飯を組み合わせることで、より大きな成果を生みだすのです。