MENU

「オメガ3が豊富で美肌に効く」という亜麻仁油。俗称、フラックスシードオイル。私も美肌のために飲み始めて半年以上に上る愛用節度です♪

 

亜麻仁油を飲み始めた間は、「ミールでこんなに効果があるの??」って驚いたほど。その後も手放せずにいます。亜麻仁油の美肌威力にはちゃ〜んって目論見があったんですよ。

 

亜麻仁油で敏感素肌&乾燥肌&ガサガサ&ニキビ&キメ無しの肌荒れオンパレードから脱出

 

俺が、亜麻仁油を知ったのは、30年を過ぎて凄まじい肌荒れに悩まされるようになってからの振舞い。あれから1年齢。 私のお素肌は元気になりました。

 

 

正しく処理すればクラスを重ねても、素肌の苦悩がひどくてもスローはないですよ(*^_^*)

 

俺が近頃、愛用しているのは左手の世界マキシマムといわれるオメガニュートリションオフィスの亜麻仁油です。右は同じくオメガニュートリションオフィスのココナッツオイル。ココナッツオイルは、ミランダ・カーなどが愛用していることで大人気ですよね。ココナッツオイルについてもまたレポートを書きますね。

 

オメガニュートリションオフィス 亜麻仁油

 

俺は、長年、間違ったスキンケアを繰り返し、ニキビ、オイリー、ガサガサ、キメ無しなど、様々な肌荒れに悩まされていました。 クラスも重ねたこともあり、1年齢前に素肌が急激に敏感素肌に傾き、軽々しいアトピーのようにもなりました(^_^;)

 

お素肌のはりがなくなり、眼のタルミでまぶたがじっくり開けられない時も。 てんでお素肌の根源が崩れたかのうような状態で、ふとした恐怖に襲われたほど。

 

なので、素肌にあたって学習を初めた中で出会ったのが亜麻仁油です。スキンケアの改善と、亜麻仁油による内輪処理で素肌は元気になりましたよ(*^_^*)

 

亜麻仁油が私の素肌にもたらした威力をごアピール

 

最初は、外的スキンケアの改善に徹していたのですが、素肌の勉強をするうちに内輪処理も要に気が付いて投入したのものの1つが亜麻仁油です。

 

オメガニュートリションオフィス 亜麻仁油

 

亜麻仁油が美肌にもアンチエイジングにも体調不良にも嬉しい!といった聞きつけて試してみて、その威力に尊敬(*^_^*)

 

飲み始めて3太陽まぶたぐらいから、素肌のテクスチャが変わりキメが整いはじめるが、たった3太陽でなるわけないか。って半信半疑

週して、 素肌のキメが整い、素肌が柔らかくなっているという認識
私のところ、亜麻仁油に数多く留まるというオメガ3(αリノレン酸)がよほど足りていなかったのか?? 自分でもびっくりするくら急激に威力が出ました。

 

亜麻仁油は、ヤツに不足している大事脂肪酸のオメガ3(αリノレン酸)を豊富に含みます。

 

 

オメガ3(αリノレン酸)を大勢含むフードを調べてみたら、ラフファッション口にするものがあまりなかったので、ヤツの飯では不足している第三者は多いんじゃないかな?思いました。

 

たとえば、生魚やえごま油。現代人は、昔の第三者ほどお刺身を口にする機会も減ってるというので、亜麻仁油を服することで肌荒れ、体調不良などに威力を感じれる第三者は多いんじゃないかなぁ?と思います。

 

ミールでそんな短期間に効果が出るの?って信じにくい気持もありながら、 明らかな素肌の予約に驚いて以来、俺は亜麻仁油をず〜っと愛飲しています。

 

亜麻仁油で素肌が綺麗になる理由は、亜麻仁油の素材の関わりにあり

 

ミールもコスメも、合う合わない。威力の出方には個人差があると思いますが、肌荒れや体調不良があるなら一度は心がける価値のある代物。亜麻仁油が美肌に効くにはちゃんと理由があるんです。

 

亜麻仁油に多く留まるオメガ3(αリノレン酸)は

 

●細胞膜のマテリアルになる。
●炎症を引き下げるホルモンのマテリアルになる
●セラミドのエッセンスとなる
と言われています。

 

細胞膜の元凶となるオメガ3(αリノレン酸)が不足すると、

 

●ターンオーバが崩れる
●アレルギーなどによる炎症を起こしやすくなる
●素肌の保湿技術が低下し、乾燥肌になる
に繋がります。

 

ちなみに亜麻仁油はオメガ3が豊富なことで有名ですが、オメガ6も含まれています。 どちらもカラダで制作できない大事脂肪酸で美肌に欠かせませんが、均整が重要で、現代人はオメガ6を摂りすぎていると言われています。

 

理想的なレートはオメガ6:オメガ3=3:1と言われていますが、日本人は6:1平均。欧米第三者にいたっては9:1平均などと言われています。

 

 

オメガ6が2.1g、オメガ3が7.6gという記載がありますね↓
オメガニュートリション 亜麻仁油 素材

 

セラミドって一体何??美肌を左右するセラミドといったオメガの関わり

 

セラミドというのは、角質部類における細胞ターム脂質の素材の一つ。その中で最も保湿キャパシティーが大きい素材として注目を集めています。

 

角質部類?細胞ターム脂質?なんのこっちゃ?という側。素肌の美しさを左右する大事な材料なので軽くレクチャーしますね。

 

スキンは、角質部類〜基底部類までの部類でできていて、お素肌の陣頭におけるのが角質部類です。皮脂の下に角質部類があり、角質細胞の間には細胞ターム脂質が存在します。

 

素肌の構成

 

細胞ターム脂質の状態は、素肌の美しさ、強さ、屈強さを左右すると言っても過言ではありません。 角質部類が柔らかく潤っていれば、肌荒れは無縁です。

 

角質部類は、角質細胞ってその間を埋める細胞ターム脂質で出来ており、細胞ターム脂質で水分を挟みこむラメラ構成でお素肌はうるおい、大きい垣根ベネフィットを発揮します。
細胞ターム脂質

 

細胞ターム脂質の中に最も多く含まれ、最強の保湿素材と言われるのがセラミド。コスメティック世間も注目されていますね。

 

単にアトピー性素肌炎の側は、セラミドのプロダクトが上手くいかないことが知られていて、亜麻仁油を呑むようになって改善した。という伝聞もちらほらみかけます。

 

亜麻仁油がアトピーに効くと言われる理由は、
●亜麻仁油に含まれるオメガ3といったオメガ6がセラミドのエッセンスになる
●亜麻仁油に含まれるαリノレン酸が炎症を食い止めるホルモンのエッセンスとなる
からのようです。

 

セラミドが少ない。セラミドの質が悪い。と素肌は乾燥しやすくなり、垣根ベネフィットは低下し素肌状態は悪くなります。

 

ドライは美肌の目の敵たいていの肌荒れはドライが関係しています。お素肌が潤ってさへいれば美肌になると言っても過言ではないので、素肌内部の潤いはどうにかともしたいパーツ。

 

なので1つのやり方が、質の良いセラミドを作れる事態を整えて引き上げる件。 質の良いセラミドを作るには、セラミドのエッセンスをきちんと揃えて引き上げることが1つの制限になりますがヤツにはそのエッセンスが不足しがちなんです。

 

セラミドのエッセンスとなるオメガ3は、素肌の垣根ベネフィットを果たし、 オメガ6は素肌の水分容積加算に効果を発揮するそうですよ。

 

セラミドの保湿キャパシティーに注目が集まり、セラミド入りコスメティックが続々と出てきたワケですが。。 素肌内方で作られるセラミドに勝るものはないので、外からつけるよりも内輪処理をした方が根本的な征服になるし有効ともいえます。

 

付けるセラミドに任せきりになるのは、素肌内方でセラミドを制作出来なくなった時でも良いかな〜と思っています。

 

美肌に焦点をあてて亜麻仁油にあたって講評しましたが、必要な栄養分の片手落ちは全身の異常につながります。 栄養分が足りないって、必要なものが作れない。必要な取り組みができないので。。。

 

肌荒れはもちろんですが、消耗、疲れ、それとなくやる気が出ない。などの困難がある側は、「ヤツに不足している。」と言われるビタミン、ミネラル、大事脂肪酸などの補充にチャレンジしてみても良いと思います。

 

因みに亜麻仁油は痩身にも効果があると言われていますよ。

 

オメガニュートリションオフィスの亜麻仁油は、クォリティが良いので食べやすくてオススメですよ。5000円以上で送料無料なので、ココナッツオイルや金時しょうがも一緒に買っています。